やっちー(・ω・)の頭の中。

愛と幸せをおすそわけします。

神が集う島。その3

どうもやっちーです。(・ω・)


神津島二日目その2。


午前中海を満喫したあとは、隣のハンバーガー屋さんでテイクアウトして、反対側の多幸湾へ。



神津島には、水配伝説という伝説があるくらい水が豊かな島で、あちこちに湧き水が溢れているらしい。


中でも多幸の湧水は、東京の名湧水57選に選ばれるほどの名水。

うん、確かに口当たり滑らかで、すっごく美味しい。


湧水を二リットルたっぷり補充した後、ダイバーさんに教えてもらった裏技を使って、帰りの船の時間を変更(笑)



今日の1ダイブで終わらせるのはもったいないから、明日午前中もう一潜りしてから帰ろう‼



というわけで、お昼に出向の便をゲット。




チケットもとれたところで、穏やかな多幸湾の浜辺で、ちょっと遅めのランチ。



裸足でアーシングをしながら、ハンバーガーにかぶりつく。




至福💖




島の反対側である多幸湾は風がなく穏やかで、静かな波の音が優しく心を癒していく。



癒され過ぎて、アボカド落としてちょっとショック(´・ω・`)ショボーン




浜辺でさんざんぼけっとしてたら、そろそろ日が傾いてきたので村落へ・・・。



最終バスは15時で終わっちゃったので、せっかくだから歩いて帰ろうと、車通りの少ない道路をひたすらてくてく・・・。


歩くのは嫌いじゃない。むしろいい運動。
なんだかんだで一時間ぐらい歩いたかな。

途中変な道に入ってしまい、草木を掻き分けながら急な階段降りてみたり。


しかし、すべての道は村落に続いているのだ。


階段を降りるとそこは、昨日星を見に来た丘の上だった。



昨日は真っ暗で周りがなにも見えなかったけど、丘には小さな図書館がポツンと立っており、広場には海藻がぎっしり干してあった。



丘からは村が一望でき、水平線の彼方には太陽が沈もうとしていた。


丘をさらに下り、路地裏を適当に歩いていくと、見慣れた場所にたどり着いた。



夕日が水平線へと落ちていくのが見たくて、前浜という浜辺でまたアーシング


ひたすらぼけっとして、ときどきうたた寝したりして、


でも太陽が沈むにはもう少し時間がかかりそうだったので、夕日は諦め宿へと帰ることに。




宿につくなり、宿の人が温泉まで送ってくれるとのことで、夜はゆったり温泉へgo。


一緒に行ったおばさんが「さっき商店でお刺身買ってきたから、帰ったら一緒に食べよう」と誘ってくれて、そのまま宿の人たちと飲み会🍻


神津にはハイキング目的で来た気さくなおばさん。

実は世界の山を登りにいってるすごい人だった。


エスニック風な三つ編みのお姉さんは、自由奔放なヨガのインストラクターさん。

なんか外国の琴みたいな楽器を浜辺で弾いていたらしい。


浜辺で釣ってきた小魚を食べていた若いお兄さんは、腕が日焼けで真っ赤になっていた。

運送会社の事務として働くお兄さん、大学時代は中東や中国の田舎の方へ一人旅にしょっちゅう行ってたんだとか。


それぞれ違う世界の人たちだけど、みんな旅が好きで、そんな人たちがたまたま集まって、こうして一緒に酒を飲んでいる。

名前も知らない、初対面の人たちと、こんなに仲良くなれるなんて、なんか不思議。



今日も素敵な出会いに恵まれた1日に感謝しながら、私は寝床についた。



その4へ続く・・・。



💖愛と幸せおすそわけ💖
やっちー(・ω・)