やっちー(・ω・)の頭の中。

愛と幸せをおすそわけします。

みんな魔法をもっている。

どうもやっちーです。(・ω・)



先日、テレビでアナと雪の女王やってましたね‼


途中から見たけど‼


ラストのアナが凍るシーンでいつも泣く‼




さてさて、アナ雪に出てくる氷の女王エルサ。

f:id:milk814:20170307232540j:plain

彼女を見ていると、人間の心ってみんなこうだよなーって思うのです。(・ω・)


というのも、エルサのあの氷の魔法は、すべてエルサの心を表していると思うのです。


愛にあふれた氷の魔法は相手を喜ばせ、
心に余裕があるからコントロールもできる。
しかし、不安な気持ちは増せば増すほどコントロールができなくなり、
不安な気持ちは吹雪となり、さらに強くなって国を覆い、
攻撃的な気持ちは氷柱となって相手に向けられる。
f:id:milk814:20170307232601p:plain
でも心の奥底には愛があるから、大切な人を傷つけないように、氷のお城に閉じ籠る。


エルサは自分の魔法がばれた後、城を抜け出して山奥へと逃げます。
そのとき歌うのが「let it go」

「ありのままの私でいよう」

そう歌って、自分らしく一人で生きていこうと心に決めます。


でも、あのときのエルサは、本当の意味でありのままではない。

自分の内側と向き合うことから逃げているだけ。

だから、エルサの気持ちは解放されたつもりでも、冬は一向に終わらず、寒さは増すばかり。


逃げても逃げても冬は終わらない。吹雪はやまない。むしろ強くなるばかり。



そして、アナがエルサの命を、身を呈して守り、凍りついてしまったとき、エルサの内側に眠っていた愛が、涙となって現れます。
その愛はアナの氷を溶かし、エルサは、氷を溶かすのは愛だということに気がつきます。

ここでエルサは、内なる愛に気がつくんですね。





みんな本来、内なる愛をもっているのに、恐怖という雪が積もって、怒りが吹雪となって、雪の下に愛が埋もれてしまう。


ありのままの自分が凍りついている人がほとんどで、その氷は愛でもって溶かされる。




EMでは、その凍りついたありのままの自分を溶かすための、内なる愛に気がつけるなーと先日の大阪で思いました。(・ω・)



みんな魔法を使えるんです。

愛という魔法を。


でも、その魔法に気がついていない、使い方がわからないから、いろんなことに悩んでしまう。

氷のお城に閉じ籠ってしまう。




あなたはあなたで素晴らしい。


あなたは愛という魔法をもっている。


何て素晴らしいことでしょう。




私もあなたも、ありのままで素晴らしい✨




※エルサの魔法については、あくまで私の個人的解釈です。

💖愛と幸せおすそわけ💖
やっちー(・ω・)