やっちー(・ω・)の頭の中。

愛と幸せをおすそわけします。

昔たこ焼きマントマンというアニメがあってだな・・・

どうもやっちーです。(・ω・)


ただいま、大阪に来ております。


大阪来たらたこ焼きだよね☆

ヴォルテックスに来てからというものの、大体月一ぐらいで大阪に来てる気がするけど、大阪来たら最低一回は必ずたこ焼き食べてる気がする(笑)

セミナールームの近くに美味しいたこ焼き居酒屋を見つけたんですよ‼(`・ω・´)
ダシがきいてて美味しいの‼(`・ω・´)
大阪にセミナー受けに来た人、ぜひおためしあれ‼


・・・でも土日やってないんだよね。(・ω・)←




それはさておき。



突然本題。







私昔、自分じゃない他の誰かになりたかったんです。



例えば、



なにか失敗したとき。



親に怒られたとき。



好きな人にふられたとき。



「私があの人だったら・・・」



「あの人みたいになれれば・・・」




なんて思ってる自分がいました。






「あの人みたいになりたい」



憧れとして、目標としてそう思うことはいいことだけど、



私の場合


「あの人みたいになりたい」



「今の私じゃダメ」



でした。



自分のことが嫌いで、誰かに認めてほしくて、だから“あの人”になりたかった。



そして、“あの人”になれない自分に怒りさえ感じていました。



だけど、ありのままの自分を受け入れて、自分を好きになれたとき、



「私はあの人にはなれない」



と思うと同時に




「あの人も私にはなれない」



と思えるようになりました。




“あの人”には“あの人”の魅力があって、

その魅力は私にはないものかもしれない。

だけど、私には私の魅力があって、

その魅力は“あの人”にはないものだ。



「かわいい」ひとつとっても、“あの人”のかわいいと私のかわいいは違う。

「優しい」もそう。

「笑顔が素敵」も。

「頼りになる」も。

なにもかも。



誉め言葉って、だいたい言葉としては決まってるけど、誉める相手によって意味はだいぶ変わってくる。



その人の魅力はその人にしかないもの。

オンリーワンの魅力。


だから素敵。

だから素晴らしい。

だから、他の誰かになんてなろうとしなくていい。

私は私だから素晴らしい。


「あの人みたいになりたい」は、今の私+αの話。



そんなようなことを、最近考えたりしてました。(^ω^)




つまり、私って魅力的☆(*´ω`)







※“あの人”というのは特定の人物ではございません。(笑)
あくまで例ね。




そして、私の魅力を教えてくれたのは、他でもない私。


そして、今までであってきたたくさんの仲間たち💖

みんなありがとう💖(*´ω`)
f:id:milk814:20170422005713j:plain

・・・写真は目玉焼き(・ω・)

以上、最近カメラアプリ「SNOW」にはまっているやっちーでした。(・∀・)(笑)


💖愛と幸せおすそわけ💖
やっちー(・ω・)