やっちー(・ω・)の頭の中。

愛と幸せをおすそわけします。

私の好きは、どこから?

どうもやっちーです。(・ω・)



帰り道、たまたま一緒になったマスター受講生ののりさんとお話ししながら、自分のルーツでひとつ気がついたことがあった。



ちなみにのりさんは、絵を描いている人。

のりさんに「いつから絵を描く仕事をしようと思ったんですか?」と聞くと、その夢の根っこには「絵を描くことが好きだから」というのがあった。



ところで、私の子供の頃の夢は「漫画家になること」だった。


なんで漫画家になりたかったかというと、小学生の時に図書室にあった手塚治虫の伝記を読んで、「私もこの人みたいに伝記になるような人になりたい‼」って思ったのがきっかけだった。


私の父は普通のサラリーマンとはちょっと違った仕事をしていて、しかも学生の頃からの夢を叶えた人だった。
そんな父によく言われてた言葉が、

「お前は林家の娘なんだから~」


私もお父さんみたいに、林家の娘としてなにか名を残すようなことを成し遂げたいと、たぶん私は思っていた。



つまり私が子供の頃抱いていた「漫画家になる」という夢は、裏を返せば「家族や世間に認められたい」という欲求から出たものであって、自分の「好き」という感情から来たものではなかった。



ということに気がついた。



のりさんは、「絵を描くことが好き」という感情からきた夢だったから、ぶれずにここまでこれたし、夢を叶えて絵の仕事をしてるんだと思う。


私の父も、「映画が好き」という感情からきた夢だったから、どんなに辛いことがあってもその夢はぶれなかった。だからここまできた。



でも私の夢は「好き」からではなく「認められたい」からきた夢。だからぶれた。だから諦めた。


だって、認められるなら漫画家じゃなくても良いわけだから。



「好き」からきた夢は、ぶれない。



「好き」という感情からきた夢は、その感情が強ければ強いほどその思いは大きくなる。



「好き」のためならどんなこともできる。



だからぶれない。



だから叶う。



あくまで自分がそう感じただけだけど、なるほど。と、すごく納得した。



やっぱり、夢を叶えるためには感情って大切だ。



💖愛と幸せおすそわけ💖
やっちー(・ω・)