やっちー(・ω・)の頭の中。

あなたの心に愛と光をオトドケします☆

大好きだから。

どうもやっちーです。(・ω・)

 

私は、今の仕事が大好き。

 

会社が大好き。

 

社長が大好き。

 

一緒に働いている社員の皆さんが大好き。

 

お客様が大好き。

 

大好きで大好きで、

 

大切で大切で、

 

どんなに疲れていても、

 

どんなにくたびれていても、

 

それでも笑顔でいられるんだ。

 

そして最後は結局、自分は幸せなんだと思い知るんだ。

 

言葉にならない感情も、

 

全部結局「大好き」っていう気持ちから来ていて、

 

だからこそ私は、

 

もっともっと成長したいと思うのです。

 

💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)

もう少しだけここにいさせて

どうもやっちーです。(・ω・)


北海道にいってきました(・ω・)

 

年に一度、この時期に開催されるYOSAKOIソーラン祭り


高校の部活動で参加したことをきっかけにその魅力にすっかり魅せられ、以来毎年欠かさずチェックしていたお祭りですが・・・

 

念願叶い、今年、再び踊り子として参加することができました。

 


もう、ただただ幸せだった。

 

祭りの賑やかな空気に心が踊ったり、

 

大通りのパレード待機の時、九年ぶりのその光景に胸が熱くなったり、

 

大好きなチームを一観客として見ながら一緒になってはしゃいだり、

 

審査結果を聞き、予想通りの結果に、それでもやっぱり悔しいという気持ちが沸いてきたり。

 

こういう非日常の中だからこそ感じることができる感情を思いっきり味わった三日間。

 


9年ぶりの舞台は最高に楽しくて。

しかも今年のテーマは「うちの猫」。

猫になりきって、絡むとビックリしたり喜んだりするお客さんが温かくてまた楽しくて。

 

今年の曲の歌詞にある「わたしはここにいる」という言葉ー全力で叫びながら、
今ここ、この瞬間私の魂が喜んでいる感覚を味わいながら踊りきりました。

 

そして踊りながら思い出していたのが、

高二の時、新型インフルが原因で日曜日に千葉に帰ることになってしまったこと。

この九年間見る側としていろんなチームを応援しながら、キラキラ輝く踊り子さんたちを「うらやましい」と思いながら見ていたこと。

 

私にとって、この舞台に再び立てたこと、こうして素敵な仲間と演舞できたことは本当に奇跡のようなことで、おまけに現役の時にもこんなに踊らなかったぞ‼️ってぐらいたくさん踊らせていただけて、ただただ幸せを噛み締めてました。

 

来年は、ファイナルの舞台にもう一度立てるように、そして私は初体験の夏のど祭りではもっといい演舞ができるように、これからも顔晴っていきたいと思います。

 


しあわせだにゃー💖😻
f:id:milk814:20190611085026j:image

 

 

演舞がYouTubeにもあがってるので、よかったら是非見てみてくださいにゃ🐱

 

パレード

https://youtu.be/R1mMMRmCggc

 

ステージ

https://youtu.be/WxqDIgaEyVU

 

CHIよREN北天魁のホームページはこちらから↓

http://chibayosakoi.com/team/


💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)

紅葉は赤より青が好き

どうもやっちーです。(・ω・)


新緑の時期の山が好き。
ちょうど今ぐらいの時期。

柔らかい若葉が目を出す木々。
すでに生えていた葉っぱよりも淡い色。
新しい、初々しい葉っぱ。
新しい匂い。
肌を撫でるひんやりとした風。

 

みんな紅葉と言えば赤い葉っぱをイメージするけど、
私は青紅葉が好き

f:id:milk814:20190531191431j:image木下から見上げると、空に浮かび上がる紅葉の影。
まるで着物の模様みたい。


青い紅葉の間から射す光が好き。
私を柔らかく包み込んでくれる緑の光。
私を癒してくれる光。

 

その青紅葉を見に行くために、この時期のやっちーはいつも以上に活発になる。

 

京都は良い。神社仏閣と青紅葉のコラボレーション。

鞍馬山はエネルギーも極上。

奈良も素敵。

大神神社は清々しい空気。

 

今年は初めて伊勢神宮に行きました。

大きな敷地、軽やかな空気。

まるで背中に羽が生えたみたい。


f:id:milk814:20190531191422j:image

緑豊かな伊勢神宮

もちろん青紅葉も。

見上げる度に嬉しくなるその光。

しっかりたっぷり清められ、

明日からまたみんなの夢を応援します。


f:id:milk814:20190531191432j:image

💖愛と光をあなたにオトドケ💖

やっちー(・ω・)

かけがえのない死

どうもやっちーです。(・ω・)

 

 

今日まで三日間、八ヶ岳の山の中でセミナーでした。

 

 

 

いやぁ~、山はやっぱいいね。(*‘ω‘ *)

 

 

緑が豊かで空気が澄んでて、とってもすがすがしくて気持ちよかったです。

 

 

 

…まぁほとんど室内だったんだけどね。(・ω・)

 

 

 

その中で気づいたこと。

 

 

 

 

これまで生きてきた人生の中で、悲しいお別れをいくつか経験してきたけど、

 

 

 

その中でも私の人生においてかけがえのない死が二つあります。

 

 

 

そのうちの一つが20歳の時―――。

 

 

 

 

ちょうど今ぐらいの時期だったと思う。

 

ある日突然飛び込んできた、中学の同級生の訃報。

 

その友達は漫画家を目指していて、当時美術系の大学に通っていました。

 

 

享年20歳。

 

 

夢を叶えるはずだったその友達は、わずか20年でこの世を去った。

 

 

当時セルフイメージが地の底だった私にとって、その出来事はあまりに大きすぎて、

 

 

 

「どうして生きる価値のない私が生きていて、夢に向かって頑張っていた友達が死ななきゃならなかったのか」って、何度も何度も思ってました。

 

 

 

 

いつでも会えると思って会いに行かなかったこと、

 

 

 

成人式に顔を出さなかったことを「まぁあの子の性格ならあり得るな」と思い連絡すらしなかったこと、

 

 

 

「あの時ああすればよかった」という後悔だけが残っていました。

 

 

 

でもその友達の死を通して私は、

 

 

「彼女の分も生ききること」「彼女が叶えられなかった分、自分は夢を叶えて生きていくこと」

 

 

この二つを決めたんです。

 

 

 

だから今私はこうして生きています。

 

 

夢を見つけ、夢を叶えています。

 

 

 

私たちの命は永遠かのように生きてしまっているけど、

 

 

死は本当に予想だにしない形で突然訪れたりする。

 

 

だから私は、悔いのない人生を送りたい。

 

 

その友達の分も夢を叶え、「最高の人生だった」と言えるような生き方をしたい。

 

 

そんなことを改めて思った、八ヶ岳の三日間でした。

 

 

💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)

居場所

どうもやっちーです。(・ω・)

 

 

 

中学生の時の私はいつも孤独で、自分が居場所と思える場所を求めていた。

 

 

 

でも、大人になった今の自分の状況を見て、

 

 

 

今の自分には大切な居場所がたくさんあることに気が付いた。

 

 

 

どこに行っても、私という存在を受け入れてくれる人がいて、

 

 

 

私を成長させてくれる場所。

 

 

 

私が輝ける場所。

 

 

 

そんな場所に、私は今、囲まれている。

 

 

 

それは、かつての私が求めていた場所。

 

 

 

ずっと探していた場所。

 

 

 

そんな居場所が、今はある。

 

 

 

それに気が付いた時、私は感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

 

 

 

私を受け入れてくれる場所があるって心強い。

 

 

 

私を成長させてくれる場所があるってありがたい。

 

 

 

あの頃の私に見せてあげたい。

 

 

 

私に居場所をくれたみんなに心から感謝です。

 

 

 

そして、

 

 

 

いつか私も、誰かのそんな居場所のような存在になれますように。

 

 

💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)

親子ゲンカ

どうもやっちーです。(・ω・)



GW前に母と喧嘩をしました。



きっかけは些細なこと、つもり積もって爆発。



以来、半月ぐらい一切口を聞かない日々。



その間私は、意固地になってるお子ちゃまな自分と、そんな自分を俯瞰してみている愛に溢れた自分との間でずっと格闘してました。



親との対立は、自分と向き合う良い機会。



モヤモヤするしイライラするけど、これも自分で選択したことだと思いながら、自分の心の声に耳を傾けてました。



で、わかったこと。



元々承認欲求の強い私。



お母さんに見てもらいたい。誉めてもらいたい。
なのにお母さんは私に注意したり、ダメなところを指摘してばかり。
もっとちゃんと私を見てよ!
という気持ちがあったこと。



「おはよう」と声をかけられても無視し続けたら、自分が苦しくなっていた。
それは、「お母さんが大好き」で、「本当はお母さんと話したい」という気持ちがあるがゆえだということ。




結果、私は母が大好きだという結論に至りました。




昨日は母の日ということで、母が大好きだと改めて気づいた以上、これ以上コミュニケーションをとらないのも、母の日になにもしないというのも、自分の気持ちが苦しくなるだけだったので、母の好きなモンブランを買って帰り、ケーキを食べながら気持ちを打ち明けました。



仲直りなんてのは案外あっけなくて、喧嘩になった原因の言葉は母自身の状況から来ていたこと、私だけでなく父や弟にも当たりたくなるぐらい母がいっぱいいっぱいになっていたことがわかり、あっさり仲直りできました。




『家族は一番身近な他人』なんて言うけど、根っこは愛で繋がっていて、その縁はどう頑張ったってそう簡単には切れない。



ましてや母親なんて、もとは身体を共にしていた運命共同体なのだから。




すべての根っこに愛がある。改めてそんなことを感じることができた、気付きの親子ゲンカでした(・∀・)


💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)

我我我

どうもやっちーです。(・ω・)


すっかりさぼっておりました。





私の最近のテーマ「我」





我、とは。










GA






このところ、鼻が壊れた蛇口みたく、鼻水が止まりませんでした。



元々鼻炎がちで、よく鼻をかんでいる私なのですが、今回はアホみたいにティッシュを消費しておりました。



鼻は、我が表れるところらしい。



鼻水が止まらない、それすなわち「我を洗っている」のだとか。



つまりは浄化中。




何となく、心当たりがある。







日々の忙しさに追われていると、つい自分をないがしろにしてしまう私。




心や体の声にじっくり耳を傾ける時間もなく、じっとしてるのが苦手な私は、毎日あちこち駆けずり回る。




だから、忙しいときほど一度立ち止まって空白の時間を作る。




今の自分の状態を客観的に見て、無理がないかどうかを確認する。




そうやって定期的に「我」を振り返り、「我」に帰る時間を作るのが私の課題。





まだまだ伸び代たっぷりの私です。




「我」を知り、「我」に飲まれず、一貫した「我」を通す。




そんな自分になりたい。

💖愛と光をあなたにオトドケ💖
やっちー(・ω・)